ダイエットクリニック情報ガイド » 本気でダイエットするために知っておくべきこと » みんなが気になるダイエットクリニックのQ&A特集!

みんなが気になるダイエットクリニックのQ&A特集!

FAQのイメージ

ダイエットクリニック全般

リバウンドすることは?

クリニックでは専門家が健康管理を行いながらダイエットをサポートしてくれます。そのためリバウンドしにくいのが特徴です。

例えば食欲を我慢せずに健康的に痩せる食事療法や運動療法、クリニックでしか行えない機械や注射による施術を行います。

料金はいくらくらいなの?

肥満治療はいますぐ命に関わる病気などではない限り、基本的には保険が適用されません。そのため価格はクリニックによって異なります。

詳しくはクリニックのホームページや、無料カウンセリングを活用しましょう。

どのくらい通えば良いの?

食事・運動療法の場合は平均月1~2回が目安です。健康的に痩せていくのを目標としていますので、3ヶ月~1年くらいはかかると見ておいた方がよいでしょう。

定期的にカウンセリングや体重、体脂肪値、血液検査などに通います。手術や機械、注射などによる施術であればもっと早く体重を落とすことも可能です。

短期間で痩せることは可能?

急激な減量はリバウンドの危険性も高いのであまり推奨されていません。ただし短期間でもリバウンドしにくい目標をたてることはできます。

エステと違うところは?

クリニックでは資格を持った医師・看護師・管理栄養士・カウンセラー・薬剤師などがトータルでサポートしてくれます。そのためエステではできない、クリニックならではの治療を受けることができます。

また万が一体調に変化が起こった場合でも、クリニックなら診察を受けることができるので安心です。

食事療法・運動療法

鍋いっぱいの野菜

アルコールや甘いものは控えないとダメ?

クリニックにもよりますが、適度のアルコールや甘いものは心の栄養や円滑なコミュニケーションに必要なものですので、許可しているところもあります。

過度に控えることでストレスを溜めてしまっては意味がありません。摂り方をカウンセリングで話し、適切な摂り方を学びましょう。

どんな運動を行うの?

有酸素運動、無酸素運動、筋トレなどから個人にあった適切な運動を指導してもらえます。

ただし肥満状態が長く、体脂肪率が40%を超えている場合、運動をすると身体を痛めてしまうことがあるので、他の方法が指示されることがあります。

肥満遺伝子検査ってどんなもの?

肥満遺伝子検査は、太りやすい遺伝的体質かどうかを判断するために行う検査です。

クリニックでは適正なカロリー摂取と適度な運動で適正体重を管理できるような指導を行います。

もしこれらを行っても効果が見られない場合は、検査を行うことが推奨されています。もちろん希望すれば効果の有無にかかわらず検査を受けることも可能です。

続けられるか不安

ダイエットクリニックでのダイエットはひとりではなく、薬剤師や栄養士、カウンセラーのサポートを受けながら行うことができます。

ケアが受けられるので、ひとりで行うよりも続けられる確率は上がります。

薬物療法

副作用は大丈夫?

どんな薬にも副作用の可能性はあるので、必ず医師の指導通りに飲みましょう。また食欲抑制剤は休薬期間があるので注意が必要です。

薬に頼りきりになるのではなく、薬の力を借りながら適切な食事と運動を続けることが大切です。

機械・外科手術

高周波

高周波って身体に害はないの?

高周波は身体の深部を温めることによる痩身法なので、皮膚や筋肉を傷つけることなく施術できます。

ただしペースメーカーや、金属製の装具を付けている方、高血圧の方、妊娠中の方などは治療を受けることができません。詳しくはカウンセリングで確認しましょう。

ダイエット点滴

ダイエット点滴の効果はどれくらい持続するの?

ダイエット点滴は代謝を促す目的で施術されています。そのため点滴の効果は2週間ほどが目安と言われています。そのため月2回程度施術を受けるように推奨するクリニックが多いようです。

また点滴だけでなく正しい運動を行うことで相乗効果が期待できます。

ダイエット点滴をやめるとリバウンドするの?

ダイエット点滴は代謝を促す目的なので、リバウンドすることはありません。

しかし一旦痩せたからといってすぐに食事量を戻したり、運動をやめたりすると体重が元に戻ることが考えられます。

ダイエット点滴に副作用はあるの?

点滴は人体に安全な成分だけを配合しています。ただし個人差はあるのでごく稀にですが影響が出る場合もあります。

現在薬を飲んでいたり、アレルギーがあったりする場合などは事前に医師やスタッフに確認しましょう。

脂肪吸引

痛みはあるの?

手術の際には麻酔を行うので痛みはありません。術後に軽い筋肉痛の痛みがあるとされます。

痛みは個人差が大きく、術後2日目がピークの方が多いようです。その後4~5日で痛みがなくなるとされます。デスクワークなどであれば当日や翌日から仕事が可能です。

ただし激しい運動は痛みが引くまでやめましょう。術後には鎮痛剤が処方されます。

お風呂には入れる?

手術箇所を濡らさないようにすれば、当日からシャワーが可能な場合が多いです。

皮膚はたるんでしまうの?

いくら痩せても皮膚がたるんでしまったら見た目が悪くなるので、どのくらいの脂肪を取るかは事前にしっかりと確認されます。

不安な場合は納得がいくまで医師に相談しましょう。

凸凹になったりするの?

熟練した技師が行えば、不自然な凸凹になることはありません。不安であれば事前にシミュレーションを行ってくれるクリニックや、しっかりカウンセリングを行ってくれるところを選びましょう。

一度の手術でどのくらいの部位の脂肪を取れるの?

あまり一度に多くの部位の脂肪をとってしまうと身体に負担がかかってしまうので、制限をかけているクリニックが多いです。

脂肪溶解注射

効果はどれくらい持続するの?

脂肪溶解注射は、脂肪細胞そのものを溶かす注射です。そのため半永久的に効果が持続すると言われています。

食事量などを極端に増やさなければ、リバウンドもしにくいとされます。

どれだけの回数を打てばよいの?

脂肪の量などによって個人差があります。大体一部位6回コースを組んでいるクリニックが多いようです。

6回コースの場合は2週間ごとにトータル6回の施術を受けます。効果は1~3ヶ月の間に徐々に表れてきます。

脂肪吸引のように一気に脂肪が減るわけではないので、ダイエットをしていると知られたくない方にもおすすめです。

どれくらいの頻度で行うの?

間隔はとくに定められていません。ただし2週間以上は空けるように推奨しているクリニックが多いです。

それは脂肪が溶けて吸収されるまでに2週間はかかるとされているからです。あまり間隔を詰めてしまうと、効果が半減する可能性もあります。

痛みはあるの?

施術は麻酔クリームなどを塗って行うので、痛みはありません。術後は個人差はありますが1~2週間ほど鈍痛を感じる方が多いようです。

また人によっては腫れやむくみなどを伴う場合がありますが、多くの場合は引いてくるので心配はありません。気になるようでしたら医師に相談しましょう。

妊娠中や授乳中でも行えるの?

受けることができないクリニックが多いです。妊娠・授乳中は体調に変化が起こりやすいため、これらが終わってから施術を受けるようにしましょう。

レーザー

施術回数はどれくらい?

基本的には1回でも効果があるとされます。レーザーで壊された脂肪は1~3ヶ月かけて体内に吸収されます。

一度に多くの効果を出したい場合は、脂肪吸引などが向いています。

痛みはあるの?

個人差はありますが、軽い筋肉痛のような痛みが1週間程度続くとされます。

術後のダウンタイムが短く、日常生活に支障がないのがメリットです。

タイプ別おすすめダイエットクリニック

我慢が苦手な人向き

成功率90%!
カウンセラーと食を考える

メディケア
ダイエット

公式サイト

エステが好きな人向き

部分痩せ希望!
ブヨブヨお肉を凍らせる

渋谷
DSクリニック

公式サイト

胆の据わっている人向き

外科手術で胃を小さく!
何が何でも食欲を抑える

東京都立多摩総合
医療センター

公式サイト