ムリなく確実に痩せられるクリニックダイエットのヒミツ

HOME » 正しいダイエット知識と肥満のしくみ » 内臓脂肪型肥満のリスク

内臓脂肪型肥満のリスク

肥満には、皮下脂肪型肥満と内臓脂肪型肥満の2種類があります。内臓脂肪型肥満は、腹腔内の腸の周りに過剰に脂肪が蓄積しているタイプ。下半身よりも上半身に脂肪が多くつくため、リンゴ型肥満とも呼ばれています。内臓脂肪型肥満が疑われるのは、以下のような症状がある人です。

  • 腹囲が男性で85センチ以上、女性で90センチ以上の場合
  • 血中コレステロール、尿酸、血糖値、血圧が高め
  • お腹周りが太っているのに、皮下脂肪をつまめない
  • 上半身肥満(リンゴ型)であり、年齢が中年以降である

内蔵型肥満は、外見だけでは分からないことがあります。上記の項目のうち1つ以上が当てはまる人は、病院できちんと検査をしてもらうことをおすすめします。

内臓脂肪は生活習慣病の原因に

体重もBMIも正常値なのに、内臓脂肪型肥満の人を「隠れ肥満」と呼びます。外見からでは分かりにくいため、発見が遅くなりがちなのが特徴。内臓脂肪が多いと、中性脂肪が血液中にあふれ、動脈硬化が起こりやすくなります。動脈硬化が起これば、心筋梗塞や脳梗塞の危険性も高まってしまいます。また、内臓脂肪の細胞からはインシュリンの働きを悪くする物質が分泌されます。その結果、高血糖、高脂血症、高血圧を引き起こし、あらゆる生活習慣病の原因となってしまうワケです。

内臓脂肪型肥満によって引き起こされる生活習慣病のリスクは、通常の人と比べて格段に跳ね上がります。糖尿病5倍、高血圧3.5倍、痛風2.5倍、心臓病は2倍。しかも、内臓脂肪型肥満は発見しにくいため、これらが発覚するのは病状がかなり悪くなってからである可能性が高いのです。健康のためにも「自分は大丈夫」などと思わず、定期的な健診を受けることが大切です。

内臓脂肪型肥満のダイエット

皮下脂肪型より、内臓脂肪型の方が病気のリスクは高いため、早急な治療(ダイエット)が必要。ただ、内臓脂肪は、皮下脂肪と比べてつきやすく取れやすいという性質があります。比較的痩せやすいため、食事療法と運動療法だけでもかなりの効果が期待できます。食事療法としては、炭水化物・糖質を控え、食事の量を腹八分目に。運動療法は、有酸素運動が有効です。最もおすすめなのはウォーキング。毎日15分以上歩くことで、内臓脂肪を効率よく燃焼させることができます。さらに筋トレをプラスすると、さらに燃焼効果がアップ。リバウンドを防ぐためにも、筋肉量を増やすことは大切です。

しかし、食事を腹八分目にする、運動を毎日欠かさず続けるというのは、簡単に書かれていても実行に移すのは本当に難しいものです。ダイエットに失敗すれば、リバウンドでさらに肥満が進行し、病気のリスクがより高まってしまいます。そういった事態を避けるためにも、専門のクリニックに相談し、ムリせず痩せられる方法を知ることが重要です。医学的なダイエット方法なら、健康を損なうことなく安全・確実なダイエットが可能なのですから。

 
ダイエットクリニック情報ガイド