ムリなく確実に痩せられるクリニックダイエットのヒミツ

HOME » 正しいダイエット知識と肥満のしくみ » リバウンドしやすいダイエット法

リバウンドしやすいダイエット法

私がこれまで試してきた一般的なダイエットのデメリットを紹介します。

スポーツや筋トレ

スポーツで筋肉量を増やして基礎代謝を高めれば、脂肪を燃焼させる力もアップします。運動をしてまず最初に燃焼するのは、血液中の脂肪。その次に内臓脂肪が燃えだし、最後に皮下脂肪が燃えだします。ですから、内臓脂肪が多くついている人は、皮下脂肪を減らすまでにかなりの時間と労力が必要になるのです。

スポーツでダイエットを成功させるには、「脂肪を落としても、筋肉は落とさない」ことが大切。せっかく筋肉をつけてもスポーツを止めてしまえば元に戻ってしまうため、毎日の運動は欠かせなくなります。また、ダイエットに有効とされているウォーキングやジョギングですが、間違ったフォームややり方を続けていると、膝や腰などを傷めてしまう可能性アリ。ダイエット目的でスポーツを始めるのなら、ダイエット専門のジムでプロのトレーナーの指導を仰ぐと良いでしょう。せっかく身体を動かしても、何の効果も得られなかったら・・・運動自体がストレスになり、さらなる肥満の呼び水になりかねません。

ちなみに、クリニックでのダイエット指導だと、太っているときの運動は基本的に推奨していないそうです。運動をするなら、少し痩せ始めて身体が軽くなってから。そして、その運動は「痩せる目的」ではなく、「ストレス解消や楽しみ」のために続けるのが良いそうです。そう指導されたとき、私はすご~く気持ちが軽くなりました!

極端な食事制限

食事の量を減らせば体重は落ちていきますが、それは最初だけです。一見、痩せたように見えるかもしれませんが、それは脂肪ではなく筋肉が落ちた証拠。これでは、すぐに体重の減少はストップしてしまいます。そして、そこでダイエットを止めてしまうと、あっという間にリバウンド!しかも、筋肉が落ちたところが脂肪に置き換わってしまうため、元の状態より脂肪が分厚くなってしまうのです。また、食事を極端に減らすとカロリーだけでなく身体に必要な栄養分が不足し、病気などの原因となることも・・・。

また、身体には、栄養が足りなくなると脂肪を温存しようとする機能があります。その機能が働いてしまうと、体はエネルギーの消費を極力抑え、どんな栄養でも身体に蓄えようとします。少しでも残ったエネルギーは、すぐに脂肪として蓄えられてしまうのです。これが、食事制限のみでのダイエットの落とし穴。苦しい思いをして空腹と戦っても、たいして効果が出ないのは、このメカニズムが原因です。

どうしても食欲を抑えられない、好きなものを食べたいという方には、クリニック外来などで処方してもらえるダイエットピルがおすすめ。薬の力でムリなく食欲を抑えることができるため、自然と食べる量が減っていきます。空腹をガマンするワケではないのでストレスが溜まらず、リバウンドも防げるのがメリットです。

一点集中ダイエット

こんにゃくや豆腐、ヨーグルトやリンゴなど、単一の食品ばかりを食べ続けるダイエット法です。その食品だけなら、1日に何度でも食べて良いなどのルールがあるようです。基本的に、3日間だけなど期間を決めて行います。このダイエット法に取り組むと、摂取カロリーがかなり抑えられるため、一時期的に体重は減っていきます。しかし、このダイエット方も食事制限と同じで、脂肪ではなく筋肉量が落ちるだけ。結局基礎代謝が低下して、痩せにくいダイエット体質を作る原因となるのです。確実、なおかつ健康的に脂肪と体重を減らしていきたい人には、おすすめできないダイエット法です。

また、カロリーを極端に減らすダイエットは、女性の身体にとっても危険。たとえ短期間であっても急激に栄養が不足すると、卵巣の機能が低下してしまうのです。すると、女性ホルモンの分泌量も減少し、無月経、生理不順、無排卵などという婦人科系のトラブルの原因となります。最悪の場合、不妊の引き金になることもあるので、くれぐれも注意して下さい。

 
ダイエットクリニック情報ガイド