ムリなく確実に痩せられるクリニックダイエットのヒミツ

HOME » 正しいダイエット知識と肥満のしくみ » 太らないための予防策

太らないための予防策

肥満になる原因とは

肥満とは、摂取カロリーが消費カロリーを超えてしまい、使われなかったエネルギーが脂肪になって蓄積することを言います。肥満になる原因には、以下のようなものが挙げられます。

  • 食べ過ぎによる摂取カロリーオーバー
  • 運動不足や老化による基礎代謝の低下
  • 食生活におけるミネラルの不足
  • 無理なダイエットの失敗、リバウンド
  • ホルモンバランスや自律神経の乱れ
  • 慢性的な便秘

体質や持病などの原因も挙げられますが、一般的には生活習慣の乱れが肥満を引き起こす原因となっています。

肥満を予防するには

肥満を防ぐには、まず摂取カロリーと消費カロリーのバランスを整えることが大切。すなわち、食事と運動のバランスです。1日に必要なエネルギーを考え、食べ過ぎを防ぎ、適度な運動を続けるようにします。また、生活リズムの改善も必要。食事の時間が不規則だったり、間食が多くなると、どうしてもカロリー消費は難しくなります。食事を抜いて調整したりせず、栄養バランスの取れたメニューで、規則正しく食事を摂るようにしましょう。

運動は休日のみスポーツジムに通う、という方法より、毎日続けられるものを選択すると◎。ウォーキングやストレッチ、筋トレなどの有酸素運動を中心に、ムリなく行えるメニューを考えます。いきなり目標を高くすると挫折しやすいので、自分が「これならできる」と思える運動量をキープしていくのが成功のヒケツです。筋肉量が増えると基礎代謝がアップし、エネルギーの消費量が増え、ダイエットがスムーズに運びますよ。

なぜ、ダイエットに失敗してしまうのか

肥満の原因も対処法も分かっているのに、どうしても痩せられない・・・そんな悩みを抱えている方は多いのではないでしょうか。もし、あなたが「ダイエットは辛いもの」「強い意思がないと続けられない」と思い込んでいるなら、それは大きな間違いです。何故なら、ダイエットを失敗させる一番の要因は「ストレス」。ムリな食事制限で空腹をガマンすると、脳に疲労が蓄積し、いずれガマンができなくなってしまいます。また、栄養が足りなくなると脳は身体に「緊急事態」を発するため、より脂肪を蓄えるように。こうしてリバウンドを繰り返し、最終的には痩せにくい体質になってしまうのです。

この悪循環を断ち切るためにも、肥満で悩んでいる方は、一度クリニックできちんと相談することをオススメします。「お医者さんに怒られそう」「治療が怖い」なんてことは一切ありません。クリニックでは、あなたの体質や性格に合わせたベストなダイエット法を提案してくれるため、驚くほどスムーズにダイエットが進みますよ。私もクリニックの門を叩くのは勇気が要りましたが、本当に相談して良かったと思っています。

 
ダイエットクリニック情報ガイド