ムリなく確実に痩せられるクリニックダイエットのヒミツ

HOME » 正しいダイエット知識と肥満のしくみ

正しいダイエット知識と肥満のしくみ

このカテゴリでは、肥満になる原因とその予防策、生活習慣病のリスク、ダイエットの壁となるリバウンド・停滞期の仕組みと乗り越え方について解説しています。肥満のチェックでもっとも簡単なのは、体脂肪率を測ることです。今は体脂肪計つきの体重計などが多く出回っているので、こまめにチェックしている方も多いのではないでしょうか。ちなみに、体脂肪率で肥満を見分けるラインは、「男性25パーセント」「女性30パーセント」。この数値を超えると肥満と判定されます。

しかし、体脂肪率は1日のうちで変動しているため、正しく測定することが大切です。まず、測定する時間は「夕方以降」。朝は下半身に水分が足りていないため、夕方に比べて測定値が高くなってしまいます。食事や激しい運動、入浴の直後も、測定を避けます。また、正しい姿勢で測ることも大切です。姿勢が悪いと筋肉の断面積が大きくなり、体脂肪率が少なく測定されてしまいます。足や膝をしっかり伸ばし、正しい姿勢で測定するようにしてください。

 
ダイエットクリニック情報ガイド