ムリなく確実に痩せられるクリニックダイエットのヒミツ

HOME » 巷で人気のダイエット法を検証 » 加圧ダイエットの効果

加圧ダイエットの効果

人気の高い「加圧ダイエット」の効果や特徴、デメリットについて調べてみました。

加圧ダイエット

加圧ダイエット(通称:加圧トレーニング)は、腕と脚の付け根を専用のベルトを使って締めながら行うトレーニング法で、トレーニング日本加圧トレーニング学会会長の佐義昭氏が開発しました。
医療機関では、リハビリに加圧トレーニングを応用したり、宇宙飛行士の筋力低下などを防ぐためにJAXA(宇宙航空研究開発機構)との共同研究も進められています。その効果の高さから、多くの芸能人に支持されています。

加圧トレーニングの大きな特徴は、低負荷・短時間・短期間でハードな筋肉トレーニングと同等の効果を発揮するということです。その秘密は、従来のトレーニングの約300倍の成長ホルモンが分泌されることにあります。それにより脂肪の燃焼、筋力アップ、肌の若返り、骨量増加というメリットが生まれます。

低負荷のため、高齢者でも安心してトレーニングを行えるそうです。

気になる加圧ダイエットの効果は?

加圧トレーニングは、ベルトで腕や脚を締めて行いますが、もちろん血が通わなくなるほどきつく締めるわけではありません。
これにより、腕や脚で血液が滞留するため、行き場を失った血液は、今まで流れが悪かった毛細血管にも流れるようになり、血流を促進。また、血液の滞留によって成長ホルモンの分泌が促され、筋力アップを始めるため、ダイエットや美肌効果が現れます。

加圧トレーニングの4大効果

  • ダイエット
    成長ホルモン効果で代謝がアップ。痩せたい人やスタミナをつけたい人など様々な体質に合った、効率の良いカラダ作りをすることが可能です。
  • 冷え・むくみ
    成長ホルモンが全身の組織を再生。体質改善や美肌効果を促します。
    また、血行促進により、女性に多い冷えやむくみによる下半身太りも改善されます。
  • アンチエイジング
    トレーニングの効果が身体の全ての細胞に作用。皮膚・骨・血管年齢を高めます。
  • 健康
    成長ホルモンが更年期症状や抑鬱状態の改善をサポートします。最近では、脳梗塞麻痺後の筋力トレーニングや心臓リハビリテーションとしても効果が高いため、注目されています。

加圧トレーニングは、クリニックやジムで指導を受けることが可能です。気になった方は行かれてみては?

加圧ダイエットの知っておきたい注意点

加圧トレーニング中は、休憩時間が長いと効果が弱まるそうです。休憩を短めにして頑張る努力が必要となります。また、トレーニングをしていない日も有酸素運動を日常生活に取り入れる必要があります。それにより、普段から行っている運動との相乗効果で体質が改善していきます。
ベルトに関しては、トレーニング中にキツくてすぐに外してしまう方も中いるようですが、我慢して付けるように心掛けましょう。
ある程度、食事にも気を付けなくてはいないようで、続けるには日頃の努力と強い信念が必要になってきそうです。

 
ダイエットクリニック情報ガイド