ムリなく確実に痩せられるクリニックダイエットのヒミツ

HOME » 巷で人気のダイエット法を検証 » メソセラピー

メソセラピー

痛みが少なく傷跡が残りにくい脂肪溶解注射「メソセラピー」の効果やアフターケアなどについて説明しています。

メソセラピーとは

メソセラピーは、1952年にフランスの医師・Michel Pistorによって開発された治療法です。1987年には、フランス医療学会がメソセラピーを伝統的医学に付随する治療法として大学医学部に導入しました。現在は学位としても授与されているようです。フランスでは15,000人以上もの医師がこの治療法を行っており、そのほかドイツ、スペイン、ベルギー、アルゼンチン、コロンビアなどのヨーロッパ各国で導入されています。

治療は、首と顔の皮膚活性化、しわ・たるみ・にきび・日焼けによるダメージ・妊娠線・傷痕の改善、脱毛症の治療リフト、セルライト除去、体重減少などに効果的です。部位に小型の注射器や医療用器具(メソガン)などで脂肪溶解剤を皮膚に少しずつ注入。血流やリンパの流れを良くし、免疫力を上げて蓄積された脂肪を溶解します。それにより繊維、または結合組織が除去され、滞っている生理機能がスムーズになって改善されます。
全体的には痩せているのにこの部分だけ脂肪が多いので取りたい、というわがままにも応えてくれる施術法なのです。

施術時間は約10分。入院・通院の必要はありません。
値段は1箇所5万円前後ですが、複数回打つのがオススメ。施術する箇所や体質によって異なりますが、5回が目安です。効果は徐々に出てきます。

気になる効果は?

治療は注射針などの小さな傷あとで済むため、メスを使う手術と比べて痛みが少なく、ダウンタイムもありません。手術では少なくとも1、2週間の回復期間が必要ですが、メソセラピーは生活に支障をきたすことなく、自然でスピーディな若返りが可能。皮膚成長因子(EGF)、ヒアルロン酸、マルチビタミン、コエンザイム、ミネラルなどの成分を皮膚の真皮層に少量ずつ注入していきます。
しかし、中には体質などの関係で腫れが1週間も長引いたり、内出血を起こす人もいるようです。そういった場合に備え、連休の前日などに治療をするようにしましょう。

施術後のアフターケアを忘れずに

ただ複数回、施術するだけではダメなのがメソセラピー。この治療法は、しっかりアフターケアをしないと費用だけがかさんでいきます。
方法としては、注射を打った患部を毎日、マッサージして脂肪の分解を補助します。効果は1ヶ月後、徐々に現れてくるそうです。

メソセラピーは、脂肪吸引ほどハードルが高くないため、気軽に出来る施術法として少しずつ人気が高まっています。しかし、効果が1度で出ないので、満足できずに辞めてしまう人も多いのだとか。
お金をかけたのに全然効果が出なかった、と嘆くような結果にならないためにも、事前にカウンセリングなどでしっかり説明を受けておきましょう。

 
ダイエットクリニック情報ガイド