ムリなく確実に痩せられるクリニックダイエットのヒミツ

HOME » ダイエットクリニックで出来ること » ダイエットピルを用いた薬物療法

ダイエットピルを用いた薬物療法

ダイエットピルとは、食欲や脂肪の吸収を抑える内服薬。医薬品ですので、医師の処方のもとで使用することになります。ダイエットピルは、身体に負担やストレスをかけずに、本人の意思とは関係なく体重を落としていくもの。いきなり食生活を変えたり、ムリな運動をする必要がないため、誰でもスムーズに効果を出すことができます。

ダイエットピルとは?

ダイエットピルに向いている人は、こんなタイプの人です。

  • 脂肪吸引などの手術を行いたくない人
  • どうしても食欲を抑えられない人
  • リバウンドを繰り返し、痩せにくい体質になっている人
  • ダイエットが長続きしない人

ダイエットに薬を使う、ということに抵抗を感じる人もいるかもしれませんが、きちんと医師の指導・処方を守ればこれほど安全・確実なダイエット法はないと言えます。次は、国内のクリニックで処方されている主なダイエットピルについてご紹介します。

脂肪吸収阻害剤(ゼニカル)

ゼニカルは、食事で摂取した脂肪分の30パーセントを身体の外に排出してくれる薬。脂肪を吸収するリパーゼという酵素の活動を抑制し、身体に脂肪を蓄積しにくくするのです。脂肪分の多い食事をとるときに摂取すると効果的ですが、食事の内容にも気を配ると、非常に高いダイエット効果を期待できます。

副作用はほとんどありませんが、吸収されなかった脂肪はそのままの状態で排出されるため、下痢のような症状が起きます。ただ、この他の副作用はほぼ皆無なので、安全性の高いダイエットピルだと言えます。

食欲抑制剤(サノレックス)

日本国内で唯一認可されているダイエットピルが、サノレックス。高度肥満の人に処方する場合は、保険が適用されます。サノレックスは、主成分であるマジンドールが脳の摂食中枢に作用し、食欲を抑制します。すると、少ない食事量でも満足できるようになるため、好きなものを食べながらでもダイエット効果が期待できるというワケです。空腹を感じることも少なくなるため、間食も抑えられます。

ムリに食べる量を減らすワケではないので、ストレスもほとんどなし。よって、リバウンドしにくいという特徴があります。新陳代謝を高める作用もあるので、有酸素運動をプラスすると、より脂肪燃焼効果がアップします。副作用としては「依存性」が挙げられますが、医師の処方のもとで正しく使えば安全です。

安全・確実に痩せられる!

ダイエットを成功させるヒケツ、それは「苦労をしないこと」です。身体や心に負担を与え、ストレスが溜まるダイエットは、辛いだけだし挫折しやすいもの。あなたにも、そういう経験はあるのではないでしょうか?しかし、ダイエットピルであなたの意思とは関係なくある程度体重を落としてしまえば、身体もグンと軽くなり、「ちょっと頑張ってみようかな」という気持ちになるものなんです。前向きな気持ちをキープすることも、ダイエットを成功させる大きな要因の1つ。ダイエットピルは、そのお手伝いをする薬だと思ってください。

医師の処方のもとで、安全性をチェックしながら使用すれば、これほど簡単にダイエットできる方法はありません。好きなものを我慢しなくていいのでストレスも溜まらず、誰でも長く続けることができます。定期的に病院へ行く必要があるので、健康チェックをこまめに受けられる・・・というのも、メリットの1つだと思いますよ!

リバウンドの危険性が低い

ダイエットピルを使用すると食欲が抑えられるため、必然的に食べる量が少なくなります。でもこれは、「食べたいのにガマンする」というワケではないので、無理がありません。無理をしないからこそ、体重が減少した後のリバウンドの危険性もなくなるのです。「ダイエットが終わったら、思いきり食べてやる!」なんて気持ちもなくなっちゃうんです。実際、私がそう思っていたんですが(笑)。でも、ダイエットに成功したら胃袋も小さくなってしまったようで、腹八分目くらいで満足できるようになったんです。

ただし、ダイエットピルはとても便利なものですが、頼りきるのはNG。ある程度痩せ始めたら、食事療法・運動療法も併せて続けていくのが理想的な方法であると言えます。「太ったら、また飲めばいいや」では、また失敗してしまいますよ。ご注意を!

 
ダイエットクリニック情報ガイド