ダイエットクリニック情報ガイド » ダイエットクリニックで出来ること » ダイエットのための外科手術

ダイエットのための外科手術

美容外科で、行なわれる外科的な施術を施すダイエット法について解説します。

機械的に脂肪を取り除く「脂肪吸引」

脂肪吸引とは、カニューレという細い吸引管を使用し、外科的に脂肪細胞そのものを減らす方法。肥満の原因となる脂肪細胞の数を減らすことで、太りにくい身体を作ります。脂肪吸引の特徴としては、部分痩せが可能だということ。二の腕、お腹、背中、太ももなど、気になる部分だけ施術することもできます。ただし、吸引できる脂肪は「皮下脂肪」のみ。内臓脂肪や、筋肉の間にある脂肪は吸引できません。

そしてもう1つ注意して欲しいのが、脂肪吸引は「体重を減らす」ことを目的とした方法ではないということです。皮下脂肪を減らせば見た目はスリムになりますが、体重の変化はほぼ見られません。また、脂肪細胞が減ったから、もう太らないだろうという油断も厳禁。食生活や運動習慣を改善していかないと、残った脂肪細胞が大きくなり、結局元の状態に・・・なんてこともあり得るのです。脂肪吸引の効果を長く持続させるには、食生活や運動習慣の改善・徹底が欠かせません。

脂肪吸引の危険性

脂肪吸引は、その人の脂肪量、筋肉量、体格などに合わせてバランスよく脂肪を吸引する外科的手術。手術であるため、ある程度の危険性は付き物です。よくあるトラブルとしては、脂肪を吸引する管(カニューレ)によって毛細血管を傷つけてしまい、皮膚に色素沈着ができてしまうというもの。自然に治る場合もありますが、皮膚の深いところに血腫ができてしまうと、皮膚が黒っぽくなり、消えなくなってしまうこともあるようです。

また、「吸引ムラ」も良く聞かれるトラブル。脂肪を一部分だけ極端に吸引したり、取り残してしまったりすると、皮膚の表面に凸凹ができてしまうのです。これは完全に修復するのがかなり難しいとされているので、注意が必要です。また、左右の腕・足の脂肪が均一に吸引されず、バランスが悪くなってしまうケースも。脂肪吸引は、医師の技術や経験が成功に大きく関与します。行う場合はしっかりとカウンセリングをして、信頼のおける医師のもとで施術するようにしてください。

薬剤で脂肪を溶かす「メソセラピー」

メソセラピーとは、メソガンという注射器を用いて、痩せたい部分に脂肪溶解剤を注入する痩身法。とくに、落ちにくいセルライトに効果を発揮すると言われています。溶解した脂肪は身体に吸収され、尿と一緒に排出されます。溶け出した脂肪は身体に残ることはなく、リバウンドも少ないのが特徴です。多少痛みはありますが、脂肪吸引と比べて身体への負担が少ないため、比較的気軽に受けられる方法。皮下脂肪のある部分であれば、顔、腕、お腹や背中など、ほとんどの部分に施術可能で、仕上がりも凸凹がなく滑らかなのが長所です。

ただし、メソセラピーの効果が現れるまでには、平均3~5回の治療が必要。すぐに効果が見られないのと、効果の出方には個人差があるのが脂肪吸引との違いです。また、一度に広範囲を施術することはできないため、広い部分(背中や脚など)は何回かに分けての治療となり、その分時間や費用もかさみます。

メソセラピーの注意点

メソセラピーは、脂肪吸引と比べれば副作用も危険性も少ない治療法です。しかし、注意したいことはもちろんあります。まず、使用する脂肪溶解剤(フォスファチジルコリン)は大豆成分を含んでいるため、大豆アレルギーの方は施術できません。また、心臓・肝臓・腎臓・循環器系疾患の既往がある人もNG。それを無視して施術した場合、重篤な症状に見舞われることもあるので、注意が必要です。

もう1つ大切なのは、使用する薬剤の内容や量はとくに定められていないため、各クリニックによって異なります。メソセラピーを行うときは、体格や脂肪の量、体重などを考慮して薬剤の量を調節し、ムリのない施術を行ってくれるクリニックを探すようにしましょう。また、体質や部位によっては内出血を起こしたり、腫れたりする可能性もあることを覚えておいてください。

その他の外科手術

美容クリニックに見られる、一歩踏み込んだダイエット治療は上記のふたつですが、近年はさらに、皮膚にメスを入れるダイエット手術も登場してきました。以下にその代表例を紹介しましょう。

胃バイパス手術

胃をカットし、小袋を作ったうえで小腸につなげる手術。空腹感の大幅な軽減や、必要以上のエネルギー吸収を抑えるため、ダイエットには非常に効果的です。ただし鉄やカルシウム、ビタミンなどを、内服薬で常時補わなければならなくなります。同様の手術で、胃の切り方と小腸のつなげる位置が異なる「スリーブ・バイパス術」もあります。

胃緊縛法

胃の上部にバンドを巻いて締め付けることで、空腹感を覚えずに食事制限可能にする手術。バイパス法のように胃はカットしないため、身体機能への負担は少なめ。また、バンドの締め付けは、術後にも調整可能です。ただし経年と共に、胃を傷める(穴が開く、裂けるなど)可能性があります。

メスを入れるのは最後の手段に

上記以外にも胃の大半を切り取ってしまう手術や、胃の中にバルーンを挿入する施術などがあります。
しかし、身体にメスを入れる手術はあくまで最終手段。病的な肥満や、肥満体型のまま年を重ねることで生じやすい、さまざまなリスクを回避するためにこそ、採用されるべきものです。主に美容目的のダイエットを希望している場合は、他の方法から始めることを検討してください。

外科手術以外にもダイエットクリニックをチェック≫

タイプ別おすすめダイエットクリニック

我慢が苦手な人向き

成功率90%!
カウンセラーと食を考える

メディケア
ダイエット

公式サイト

エステが好きな人向き

部分痩せ希望!
ブヨブヨお肉を凍らせる

渋谷
DSクリニック

公式サイト

胆の据わっている人向き

外科手術で胃を小さく!
何が何でも食欲を抑える

東京都立多摩総合
医療センター

公式サイト