ムリなく確実に痩せられるクリニックダイエットのヒミツ

HOME » クリニックでのダイエットがおすすめ » 【2位】マグノリア皮膚科クリニック

【2位】マグノリア皮膚科クリニック

「マグノリア皮膚科クリニック」の特徴やクリニックの概要などについて説明しています。

マグノリア皮膚科クリニックのメソセラピー

マグノリアのダイエット法は、主にメソセラピー・ゼニカル・サノレックスの3種類。特にメソセラピーは口コミでも評判です。

脂肪溶解注射「メソセラピー」はセルライトに効果的でリバウンドをしないほか、痩せやすい体質になる、身体への負担が少ない、短時間での治療が可能、仕上がりがキレイなどのメリットがある施術法です。

施術では脂肪溶解剤を使い、細胞レベルで脂肪を溶かします。メソセラピーには決まった薬剤がなく、各クリニックによって使用する薬剤や調合が違ってきます。マグノリアのメソセラピーは、効果を上げるために血流や代謝を上げる薬のほか、セルライトの膜を壊す薬をバランス良く調合。痛みや炎症を最小限に抑え、効果を出すために部位や状態によって薬の配合を変えています。
薬剤は厚労省やアメリカ食品医薬品局が認可している信頼度の高い、安全な薬剤を使用しているため、安心です。代謝を上げる薬を入れる事により、治療中は有酸素運動に反応しやすく、痩せやすい状態が続くのです。

通院は月に1回。30分間の麻酔を打ち、施術は10分行います。メソセラピーで使う注射針は小さいため、痛みが少ないのが良いですね。
まれに脂肪溶解剤にアレルギーのある方がいるのだとか。初回のみ治療前に約5分間のアレルギーテストを行うそうです。

ゼニカルの処方について

ゼニカル(脂肪吸収阻害剤)は日本でも人気のダイエットピルです。食事で摂取した脂肪分を体内に吸収せず、そのまま体外へ排出させることが出来ます。
スイスの製薬会社「ホフマン・ラ・ロシュ社」で開発され、米国ではすでに肥満治療薬として認可されていますが、日本ではまだ未認可の薬剤。個人輸入か病院での処方により、入手が可能です。個人輸入の場合は1錠100円程で入手できますが、服用が難しいのでクリニックでの自由診療を受けた方が良いでしょう。その場合は1錠500円となります。

ゼニカルは内服方法によって効果に大きな違いが出ます。誤った飲み方をすると副作用が出やすくなるそうです。内服方法は、患者の生活スタイルや食事に合わせて指導しています。

マグノリアでは、脂っこい食事の1時間前、週1~3回を目安に服用を勧めています。身体に必要な脂肪分が吸収できなくなる恐れがあるため、飲み過ぎには注意しましょう。また、食後30分以内であれば効果があるので、食前に飲み忘れていても服用するようにします。
ちなみに脂肪分のない食事の場合は、服用しても効果が期待できないそうです。下痢になったり、膨満感を感じることがあるため、妊娠中・授乳中・慢性吸収不良症候群などの方は使用できません。
サノレックスの効果とは
サノレックス(食欲抑制剤)は、昼食から夕食の間に間食してしまう、食欲にムラがある、たまにドカ食いをする、1回の食事量が多い、夕食後に夜食を取る、生理前に食欲が増す、などの症状がある方にオススメ。
サノレックスは内服方法によって効果に大きな違いがあり、ゼニカル同様、誤った飲み方をすると副作用が出やすくなるそうです。この薬剤も生活スタイルや食事に合わせて飲み方が異なってきます。

研究では、今まで行っていた食事療法や運動療法に効果があまり見られなかった、高度肥満症や卵巣機能不全を持った肥満患者が、サノレックスを服用しました。その結果、ホルモン異常の改善が認められたのです。食事療法、運動療法の長期維持を可能にしている、ダイエットピルです。

通常は1日1回、昼食前に服用します。2~3回に分けて食前に服用することも可能です。その場合、1日最高3錠までとし、出来る限り最小有効量で飲むようにします。投与期間は3ヶ月以内が限度。1ヶ月以内に効果が見られない場合は、服用を中止することもあるようです。

妊娠中・授乳中・うつの既往がある方などは、服用できません。もし服用すると、便秘症状や口が渇くなどの症状が現れることがあります。

クリニック概要
クリニック名:マグノリア皮膚科クリニック
住所:東京都渋谷区渋谷1-8-7 第27 SYビル5F
アクセス:JR各線「渋谷駅」より徒歩4分
営業時間:11:00~20:00(休:月曜・木曜)

 
ダイエットクリニック情報ガイド